FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | Page Top
インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)
歯周病インプラントは、非常に大きな関係があります。

インプラント歯周病のような状態になることを「インプラント周囲炎」といいます。
インプラント周囲炎とは、インプラントが歯があるときの歯周病と同じような症状になることです。

歯周病とインプラント周囲炎


インプラント治療後に歯ブラシが不十分になると汚れは歯肉とインプラントの境目から内部に侵入していきます。
この汚れは歯周病細菌と同様の細菌です。
そして、初期の段階ではインプラント周囲の歯肉が腫れていきます。
その後インプラントを支えている歯槽骨を吸収してしまいます。
最終的にはインプラントはだめになり、撤去することもあり得ます。

人工物であるインプラントには神経が通っていません。
そのため、初期の段階では多くの場合、自覚症状がなく、かなり状態が進行しなけらば気付かないのが特徴です。

「インプラント周囲炎」にならないためには、ブラッシングと定期検診が最も重要です。
スポンサーサイト
2011/07/25 | インプラント | Page Top

プロフィール

安光歯科 あしすと

医療法人 大空会
安光歯科 口腔外科・矯正歯科
いの町の歯医者さん「安光歯科」は地域の歯科医院として技術・説明・応対の3つを柱に歯科治療をおこなっております。
いの町を中心に、高知市など地域周辺から患者様が来院される歯科医院です。

検索フォーム


QRコード

QR
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © 高知 いの町 安光歯科 - あしすと健康アドバイス All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。