FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | Page Top
小帯付着異常について
口腔内の頬、舌、上下唇にあるヒダを小帯と言いますが、異常がある場合は切除が必要になります。
特に乳幼児期のお子さんの場合、上唇小帯が厚かったり長過ぎたりするケースが多く、小帯が歯の間を越え歯茎の裏側まで入り込んでしまっている子も見掛けます。

小帯切除術
このような「小帯付着異常」は、前歯の歯と歯の隙間が大きい正中離開や、発音・言語障害、見た目(審美面)が良くないなどの問題につながることがあるため、経過観察をして、ある程度の年齢になっても改善されない場合は小帯を切除します。
その際メスによる切開縫合での治療方法や、レーザーを応用して治療する方法があります。
2012/11/26 | 歯科口腔外科 | Page Top

プロフィール

安光歯科 あしすと

医療法人 大空会
安光歯科 口腔外科・矯正歯科
いの町の歯医者さん「安光歯科」は地域の歯科医院として技術・説明・応対の3つを柱に歯科治療をおこなっております。
いの町を中心に、高知市など地域周辺から患者様が来院される歯科医院です。

検索フォーム


QRコード

QR
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © 高知 いの町 安光歯科 - あしすと健康アドバイス All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。