FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | Page Top
インプラントの寿命
「もう、○○歳だから、インプラントは無理か……」
そうおっしゃる患者さんがよく、いらっしゃいます。

でも、ちょっと待ってください!

上顎か? 下顎か?
インプラントを支える骨は十分に存在するか?
骨の移植を行ったか?
噛み合わせの状態はいいか?

などでインプラントを取りまく環境は、必ずしも年齢だけではありません。
また生活習慣病の有無や身体的な状態、個人差などでも異なります。
過去の統計から見ると、下顎は5年以上機能しているインプラントが97%、10年以上は90%で、上顎はこれより少し下回ります。

02_21_a.jpgインプラントは虫歯にはなりませんが、その他は天然歯とよく似ています。
インプラントを長く持たせるためには、プラークコントロールなど患者さん自身の口腔衛生管理が大切になります。
必ず歯科医院で定期検診を受け、歯茎の炎症の有無、かみ合わせのチェックを受けることが重要です。
さらに心構えとしては、何歳まで保つか?ではなく、患者さん自身の生涯持たせようとする努力が大切になります。
関連記事
2011/02/21 | インプラント | Page Top

プロフィール

安光歯科 あしすと

医療法人 大空会
安光歯科 口腔外科・矯正歯科
いの町の歯医者さん「安光歯科」は地域の歯科医院として技術・説明・応対の3つを柱に歯科治療をおこなっております。
いの町を中心に、高知市など地域周辺から患者様が来院される歯科医院です。

検索フォーム


QRコード

QR
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © 高知 いの町 安光歯科 - あしすと健康アドバイス All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。